制作記録

キッズサイズのキャミワンピースと、ヒヤシンスその後

昨年の11月頃から娘と育てている、ヒヤシンス。

空き瓶で 子供と楽しむヒヤシンス。 専用瓶も針金も無くてOK。冬に子供と楽しめるヒヤシンス。専用の容器を使わず、空き瓶で、針金無しで育てる育て方を書いています。使用するのはマスキングテープ。しっかり芽が出てきました。...

根っこが伸び切る前に芽が出て来たり、そもそもヒヤシンスには寒すぎる気温環境でしたが

マスキングテープでヒヤシンスの水耕栽培

良い〜香りの花を咲かせてくれました🌷

ひとつだけ伸び悩んでいる球根もあり😅

この子は花が咲くのだろうか、、

____

ヒヤシンスと同じく秋口に買った、Rick Rackさんの型紙。

ギャザーキャミワンピース(キッズ)

リックラックのギャザーキャミワンピース(キッズ)

ピンとくる生地が無くて、なんとなくダラダラ作らずにいました。

何か作ろうとすると、生地やら何やら

熟考してしまって、前に進まないタイプ、、

ところが少し前に、

洋裁スクールのお仲間の子供服を試着させていただく機会があり

その方に刺激を受けて💡

色々考える前に、どんどん作ってみよう!と

始めてみたら、あっという間に完成しました。

リックラックのギャザーキャミワンピース(キッズ)

この生地じゃ子供が気に入らないかな〜渋いかな〜なんて踏みとどまっていたのが、

鏡の前で合わせて見たら、ちゃんと可愛くて

リックラックのギャザーキャミワンピース(キッズ)

本人も、後ろのリボンが気に入った様です。

ポケットが付いているのが嬉しい

簡単に綺麗に仕上がりました。

唯一、ポケットの端処理だけ難しくて「曲線を1ミリカットしながらロックミシンにかける」ところでガタガタになってしまった…

次に作る時はポケットだけ先に特訓しようかな😅

洋裁スクールでポケット付きズボンを作った時は、まだロックミシンを持っていなかったので

スクールの動画を見直してみます🏃‍♀️💨

生地は、レッスンバッグの生地と一緒に楽天の いすず というお店で購入しました。

糸を買うと、生地に合う糸色をおまかせで選んでいただくことが出来るので、お願いしてみました。

縫ってみると、ちょっと濃い?かも?

ミシン糸の価格設定は高めなんですが、ラクしたい時は便利。

—-

初めて人様の作るお洋服を手にして、ただただ美しさに感動↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA