大人の服

パンツの股ぐりを2回縫う意味 / 毛玉出来やすすぎる服の活用 / 防災のこと

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

パンツを作る時に、大抵の作り方に書いてある「股ぐりを2回縫う」という指示。

たまに、面倒で、ついつい1回縫いをしてしまうのですが

1回縫いだと、もれなく

股がオープンします。

意外にも、ゆったりパンツでも、オープンします。ニットでも、布帛でもダメ。

よほど力が加わりやすい場所なのでしょうか。

説明に従うって大事だな~と痛感しております。

毛玉の方が気になる?

毛玉だらけのパンツは、以前作ったニット地のものです。

作りたては非常に高級感あって、肌触りサイコー!な生地なのですが

ビックリするほど毛玉が出来やすく、とても残念、、

骨ストに似合う市販の型紙 その後と、新たなカットソー骨格ストレート、骨格クラシックに似合う市販のカットソー型紙を着画とともに紹介します。自分の骨格や顔に合う洋服を、自分で作れる様になる!が目標のブログ。季語ごちが良いニット生地も紹介。 同じ骨格で悩んでいる方の、何かしら参考になれば嬉しいです。MayMeスタイル今日の大人服 伊藤みちよ著 日本ヴォーグ社...

部屋着にするにしても、ここまで毛玉が凄いとテンションが下がりますよね。

口コミが凄く良くて、確かに着心地と見た目はうんうん!その通り!なんだけど、、

皆さん上手に毛玉ケアしているのでしょうか😵‍💫

私には無理だ、、

縫ったけど、スタメン入りしなかった服を 活用

毛玉になりやすい残念パンツ。勿体ないので、股を縫い直して、車の防災グッズ(衣類)に詰めました。

使うかどうか解らないのに、新たに買うのはな〜と思っていたので、、良い行き場が見つかって良かったです。

防災グッズの中の衣類

今年から、防災グッズの中に着替えを入れています。寒い時期は防寒着も入れるようにしています。(防寒着は、年始の地震で外に飛び出した時に、部屋着では寒さが辛すぎることに気が付いた)

避難の着替えは、ロングスカートがあると便利だそうで、追々準備したいな~と思いつつ

地震はいつ来るかわかりませんからね。いったんこのパンツを入れておきました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA