制作記録

骨ストに似合う市販の型紙 その後と、新たなカットソー

今回は、新たな型紙で大人用カットソーに挑戦しました。

その前に、前回試作したブラウスとパンツのその後を、、

骨ストクラシックに似合う市販の型紙〜試作編骨格ストレート、骨格クラシックに似合う市販の型紙を着画とともに紹介します。自分の骨格や顔に合う洋服を、自分で作れる様になる!が目標のブログ。骨格ストレートや骨格クラシックに似合う服を求めて大人服を作り始めました! 同じ骨格で悩んでいる方の、何かしら参考になれば嬉しいです。大切に作って大切に着る大人服 小林 紫織【著】文化出版局、私の、ブラウスプルオーバー (Heart Warming Life Series)香田あおい(著)...

ブラウスとワイドパンツその後

肩線などを調整し、本番の布で2つとも完成させました。

ブラウスは綿和紙シャンブレーという、ちょっと変わった素材。

パンツはポンチニットを使いました。

パンツに使った布が、驚きの心地よさでびっくりしています。

外出着として作ったものの、もう家でずっと履いていたい。超お気に入りの生地になりました。

本当にこのパンツは簡単で、あっというまに綺麗に完成します。

1つ気が付いたマイナスポイントは、両サイドに縫い合わせが無い仕様なので

サイドにシームポケットがつけられないこと。

ブラウスの方も、今度はフリンジの飾りまで頑張りました。

ひたすら糸を抜いていく

が、

肩線の傾斜を調整しすぎたのか??なんだか体に沿わない部分がチラホラ。

そして、紐の長さを短く間違え、、、今回は失敗です。

ワイドカットソー

by MayMeスタイル今日の大人服

伊藤みちよ【著】日本ヴォーグ社

今回新たに作ったカットソー。超ワイド&ドロップショルダーのシルエットです。

骨格ストレートが苦手と言われる要素ばかり、に思えますが

着た感じ、そんなに悪く無いと思いませんか?

実は、普段骨格について参考にしている方のyoutubeで

”中途半端なドロップショルダーはアウトだけど、逆にしっかりオーバーサイズにドロップして切り替えが縦(斜め)に入っていると大丈夫!” と言われていて

なるほどな~とチャレンジしてみました。

いつもオーバーサイズの服を着ると、イメージしていたゆとり感が出なくて

実態よりも増してがっしりして見えるのが常でしたが

これは、ちゃんと体が泳いでるように見える。大丈夫。

こういうポイントを発見してシェアしてくれる方々に感謝です。

生地は年末にアプハウスさんで購入したニットの福袋から。

今回使ったのはコーマダンボールニット 

マスタード系の色が沢山入っていて

正直あまり好きな色ではなかったので、気軽にトライ。

ニットの試作って皆さんどうしてるんでしょう?

布帛だとシーチングで練習できるけれど、ニットは一発勝負??

絶対自分では買わない色にトライしてみて、意外といいかも 新たな発見でした。

一回洗濯して干しただけなので、すそがちょっとシワっぽいかも

ちなみに、書籍自体は布帛メインで、このカットソーもロックミシンは使わずに作れる仕様です。

Instagramを見ると布帛で作っている方もいらっしゃって

私もチャレンジしてみたくなりました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA