制作記録

似合う素材探し 2度目の作成 とろみ素材で <書籍  Lilla Blommaの大人服>

コットンリネンの大人ブラウス<書籍  Lilla Blommaの大人服>書籍 Lilla Blommaの大人服からコットンリネンブラウスを作りました。フリルネックブラウスをフリル無しで。市販の洋裁本から骨格ストレート、骨格クラシック、顔タイプキュートの私に似合う服を探してハンドメイド服を作っています。...

この夏ヘビロテしているこのブラウス。

コットンリネンが心地よくて、気がつくと着ている服でした。

お気に入りなので、素材違いで作ってみることに。

シワが気にならない素材

今の生地で気になっているのが、シワのなりやすさ。

洗濯後は脱水甘めで吊るしておけばシワは伸びます。

しかし、子供を抱っこすると着用シワが。

|着用レポ|基本のパンツ、イージーケア生地リフラクス 先日試作した、パンツの本番を シワになりにくいリネンライク生地で作りました。 https://nononouchi.com...

そこで、前回シワにならないストレートパンツの生地を購入したお店で、もう一枚シワにならない素材を選びました。

とろみ感の強い、綺麗目な印象の生地です。

前回の反省から変えた点

前回作ったブラウス。縫い代が段差で浮き出る。

洗濯を繰り返すと、裾の切り替えの段差が気になったため

今回は縫い代の一枚だけを半分にカットして、段差を滑らかにしました。

とろみ素材 アイロンがかかりにくい

シワにならない生地で困ることが、アイロンがかかりにくいこと!

アイロン接着両面テープを使うと、作業が早く進んで便利でした。

アイロンで貼り付けて、、
剥離紙をはいで、布を重ねる。

私はズボンの後ろポケットを作る時にもよく使っています。

細くて縫い代に収まりやすいので、このサイズを愛用。

裾を縫う前の固定に使いました。

生地による違い

なんとか完成しましたが、とろとろ落ち感がある生地は縫製中の扱いが難しかった!

似合う生地、似合わない生地

着用してみて、確かにシワになりにくいのですが

私が骨格ストレートだからか?素材を活かせない形だったのか?

とろみが下着や肉感を拾ってイマイチ、、素材が似合わない気がしました。

次からシワにならない生地を選ぶ場合は、落ち感の少ない素材を選んでみます。

前回パンツに使った生地は薄くて張りがあったので、その生地の方が良かったかな。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA