制作記録

既製服を長袖から半袖に カットアレンジ

以前の記事に登場した、骨格ストレート大勝利の長袖カットソー。

骨格ストレート 服による肩幅の見え方 この夏、今までの経験と骨スト豆知識から 一番スタイル良くみえそうな服を買いました。 ・パワショルリブボートネックT...

お気に入り過ぎて、まだまだ着たいのに暑くて着れない…生地は薄いのに!

ということで、初の既製服アレンジをすることにしました。

カットする前に服の在庫を確認

長袖としてもお気に入りなので、長袖を買い足せるように、カットに失敗しても買いなおせるように店の在庫を確認しておきます。

元値¥2,200 → ¥880 (今見たら¥660になってる。笑)

在庫はバッチリ。既製服の値下がりって恐ろしいですね。。

今回カットするのは着古した手持ちの方です。

怖いので長めにカット

骨ストは、長めの半袖が似合うと言われている&失敗しても調整できるように、長めの丈でカットすることにします。

服を裏返して、脇の下から10㎝ + 折り返し分2.5㎝ 合計12.5㎝の位置に線を引きます。

リブに対して平行に取りました。

そのままカットすると解けてくるので、カットの手前ギリギリを数センチミシンで縫います。(返し縫もする)

着古しているので、毛玉すみません。。。

端にロックミシン+折り返してぐるっとミシン

ロックミシン買ってよかったーー

エクシードの裁ち目かがりだったら、伸び伸びにしちゃっていただろうな。。

念願のロックミシン。 シュルル MO-1000Mロックミシン購入レヴューです。ベビーロックの糸取物語、糸縫人を選ばず、JUKI シュルル MO-1000M を選びました。2本針4本糸タイプ(ニットソーイングしたい)、糸の交換がラクなもの、安い を基準に選びました。...

色々勉強してきたおかげか、折り返して家庭用ミシンで直線縫いする部分も、生地を伸ばさず仕上げることができました。

上糸はシャッペスパン60 下糸はレジロン使用。

押さえ圧を弱めにして縫いました。

一旦長さチェック

問題なさそう!

完成

ニットの丈変更が出来るようになって、既製服とも上手に付き合えそうな気がしてきました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA